<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2014年遠征終了。ご支援いただきました皆様、ありがとうございました! | main | 犬のう○こ >>
オリンピックの予選通過ライン
長らく更新途絶えてました。頑張れ俺。

とまあ、来年の11月で届くかどうか、かなり怪しい感じになってきた感はありますが、FIGの担当者に問い合わせたところ最終的な予選通過規定は今年の5月(来月)に決まるとのことでした。

男女とも98人出場、合計196人がオリンピックに出場できます。
そのうち団体で上位12チームx5人の60人が通過、残り38枠。

世界選手権の種目別決勝で上位3位にはいった選手で、団体出場権を得ていない選手...まあ多くて多分6名程度?
一応10名と見積もって残り28枠。

開催国から最低1名(開催国が団体、もしくは個人出場で出てない場合)。この枠で出たとして残り27枠。

アフリカ大陸、アメリカ大陸、アジア、ヨーロッパから最低2名、大洋州から最低1名。この場合、アメリカ・アジア・ヨーロッパは普通に出場していると思われるのでアフリカ大陸の2名、大洋州の1名。残り24枠。

日本ではワイルドカードと呼ばれるFIGの特別枠1名。残り23枠。

プレオリンピックで団体5〜8位の国から各1名の4名、残り19枠。

ただし、世界選手権の種目別決勝上3名が通過という条件、団体で出場権を得る選手がここにかぶる可能生が高いので、残り19〜23枠くらいと考えましょう。

オリンピックでの各国個人出場は2名までなので、プレオリンピックで団体5〜8位の国の選手はまず4枠取るでしょう。これで残り15〜19枠。

さて、じゃまいかーんがこの枠に滑り込むためには、プレオリンピック団体9位以下の国の個人総合が強い順に2枠ずつ埋めて行って、7カ国目くらいの国のトップ選手に勝てていれば良い(各国2枠なのでこの時点で14人の枠が埋まり、残り数枠となっている)、ということになります(なるハズ)。

ロンドンオリンピックでは通過最低得点は79点、次が80点くらいでした。

予選通過規定、変な風に変わらなければいいですが・・・弱い国にもっとチャンスが来るような変更はウェルカム!
FIGガンバ。5月に再チェックです。
| 活動報告(体操系) | 05:28 | comments(2) | - | - | - |
ねー。選手がどれだけ頑張るか、あと当日どれだけミスなくできるかだねぇー。来年の11月だから、ノーミスならぎりぎり届く範囲にはいてると思うけどねー。
| kumicho | 2014/04/10 12:16 PM |
いよいよ具体的な話になってきましたね、オリンピック!ドキドキしてきます。
| tam | 2014/04/10 11:15 AM |